名刺をシーンで使い分ける

和紙イメージ

名刺にこだわる方の中には、その紙質にもこだわりがある場合が多く、紙の種類の中でも「和紙」は高級品として、年配の方や企業経営者の間では根強い人気を保っているそうです。

現在、日本に流通している紙の種類には、和紙と洋紙の2種類がありますが、前者の中にも「手すき和紙」と「機械すき和紙」の2種類があります。

【作れる!簡単名刺 横型 モノクロ|SPEED名刺館】

専用ソフトや面倒なソフトのダウンロードもなし!WEB上で簡単に一般的な形でもある横型モノクロ名刺が作成&確認ができる「作れる!簡単 名刺」が好評発売中です。

手すきのものは、日本の伝統的な技術で生産されるもので、1枚1枚手作業で生産されるものになります。

これに対して、機械すきのものは、材料や紙質などを手作業の和紙に似せたもので、一般的な印刷機でもきれいに印刷ができるように生産されたもので、皆さんがイメージしているものとは異なる製法で作られています。

名刺の素材として使用されるものは、この「機械すき和紙」がほとんどですが、比較的安価に本来の手触りや質感などを楽しむことができるようになっています。

また、それを使用した名刺においては、書道家によって書かれた自分の名前を名刺の名前に使用したりすることもありますし、制作される多くのデザインは縦向きで非常にシンプルなものに人気があるようです。

さらに、企業経営者などに多くみられることですが、このような高級素材を使用した名刺を使用するシーンと、比較的安価に入手できる名刺を使用するシーンを使い分けているケースが多く見られます。

これは、一般的にもビジネス用・プライベート用と使い分けているのと同じように、取引上重要な方と会ったときの名刺には和紙を使用したものをお渡しすることになります。

ページの先頭へ