名刺をデータ化する

データ化イメージ

ビジネスマンなどで多くの人との出会いがある人にとっては、毎日交換する名刺の管理方法に非常に迷ってしまうことがあると思います。

名刺管理の方法に関しては、雑誌やライフハック系のウェブサイトなどでもいろいろな方法が紹介されていますが、すべての人に共通の管理方法というものは存在しないように思います。

【[名刺の肩書]英語による肩書きの表記|SPEED名刺館】

英語による肩書き・部署の表記の参考資料です。会社や国によって言葉の意味合いが異なってきます。ですので、あくまでも参考程度にご覧下さいませ。

また、名刺ホルダーなどに保管する場合でも、相手の会社ごとに分類するのか?名前順に分類するか?それとも、もらった日付順に並べていくのか?などもケースバイケースであるといえます。

例えば、名刺管理に会社ごとのグループ分けをした場合に、「名前は覚えているけど会社名が分からない!」という場合には、非常に探し出すのに時間がかかってしまいますし、逆によくあることとして、「名前が思い出せない!」というケースでは、どのような名刺管理をしても簡単に見つけ出すことは難しくなります。

これを解決する名刺管理は、電子化してコンピューターから検索できるようにする以外には方法はないように思えます。
市販のソフトを使用するのもいいですし、表計算ソフトなどに入力して管理する方法でも、紙媒体から探し出すよりは見つけやすいと思います。

もし、毎日扱っている名刺の数が非常に多く、その都度データを入力することが困難なようであれば、スキャナーで読み込んでおき、そのファイル名を「201204_企業名_名前.png」などのように、名刺をもらった日付や名前などのファイル名にしておくと、ファイル検索をするような感じで名刺データにアクセスすることができるようになります。

ページの先頭へ