名刺の用紙の種類

名刺の用紙イメージ

現在では、自宅で名刺を制作することも非常に簡単にできるようになり、
名刺用紙を販売するメーカーでは専用のラベル作成ソフトをリリースするなど
市場での盛り上がりも大きくなっています。

【名刺交換マナー|SPEED名刺館】

名刺の渡し方等名刺交換で失敗しないための簡単なマナーをまとめてみました。

これまでは、名刺を作るというと街の印刷業者に依頼してデザインやイラストなどのテンプレートの数も少なく、オーソドックスなシンプルデザインの名刺が主流でしたが、現在ではどのようなデザインの名刺でも手軽に自宅のプリンターで出力することができます。

自宅で印刷するための名刺用紙は、インクジェット用・レーザープリンター用とプリンターのタイプに合わせて販売されていて、さらに印刷が終わった後に、ミシン目に沿って切り離すタイプの用紙や粘着フィルムからはがすタイプの紙が販売されています。

ミシン目に沿って切り離すタイプの名刺用紙は、両面印刷などもできるメリットはありますが、切り口に凹凸があるので触った時の感触が気に入らないというケースも見られます。

また、粘着フィルムからはがすタイプの名刺用紙は、切り口の凹凸は比較的なめらかに仕上がりますが、両面印刷をしたい場合には使用することができないデメリットも存在します。

これ以外にも、印刷業者が使用するものと同じように名刺サイズの用紙も販売されていて、それを個人で購入することも可能ですが、その用紙に対応したプリンターの機種が制限されるので、すべての人に利用できる用紙であるとは言えません。

ページの先頭へ