印刷業者は大きく分けて2つのタイプがあります

仕事イメージ

仕事あるいはプライベートなどで使用する名刺を自分で制作するのではなく印刷業者に依頼する場合に、業者によって価格が大きく異なることに気がつくと思います。

印刷業者もいくつかのタイプに分類することができますが、大きく分けて「インターネット上のみで営業活動をしている印刷業者」と「実店舗を中心に営業活動をしている印刷業者」の2種類に区分することができると思います。

【名刺作成なら即日出荷のスピード名刺館】

http://card.hankoya.com/

最短即日出荷OK!名刺作成と印刷はページ上で思い通りのデザインが簡単に作成できるスピード名刺館に! ハンコヤドットコムグループ会員ならポイント使用可能。 さらに溜まったポイントはTポイントやamazonギフトに振り替可能!

インターネット上のみで営業活動をしている印刷業者の大きな特徴は、比較的安価な価格で名刺印刷ができる場合が多く、テンプレートなども非常に充実しているケースが多いといえます。

印刷業者の中には、実店舗で営業する場合とインターネット上で営業する場合に、価格差を設けているケースもありますが、概ねこのタイプの印刷業者は新規参入した比較的若い会社に多く見られます。

次に、実店舗を中心に営業活動を行っている印刷業者の多くは、デザイナーや営業スタッフを雇用しているケースが多く、デザイン料及び営業スタッフとの打ち合わせにかかる費用が計上されますので、名刺印刷の価格は高くなってしまうケースがあります。

名刺に使用するデザインやロゴの作成なども、打ち合わせをしながら進めたい場合には頼りになる存在ですが、デザインなどをある程度自分で製作できる場合には、高くついてしまいます。

このように、インターネット上の印刷業者と実店舗の印刷業者では、メインにしている業務に違いがあり、それが名刺印刷にかかるコストや価格の違いになっているといえます。

ページの先頭へ